ABOUT

TRINITAE Philosophy

Love yourself first

自分が幸せでないと、
周りの人を幸せにすることはできません。
まずは、あなた自身を信頼し、
大切にしてください。

TRINITAEは
上質を追求する高級ホテルに
選ばれ続けています。

世界中から保養に訪れる人々を魅了してやまない美容大国ヨルダン。死海沿岸に立ち並ぶ高級リゾートホテルでは、TRINITAE製品を使用した客室アメニティやスパトリートメントを堪能することができます。

Kempinski Hotel Ishtar Dead Sea
Mövenpick Resort & Spa Dead Sea etc…

トリネティ 7つの大切なこと

1

Clover

ブランドロゴに込められた思い

1

Clover

ブランドロゴに込められた思い

TRINITAEというブランド名は、三位一体を意味する神学の「TRINITY」に由来します。ブランドロゴにあしらわれたクローバーの三枚の葉はそれぞれ、「Body(体)」、「Mind(心)」、「Soul(魂)」を表しています。

2

Materials

原料へのこだわり

2

Materials

原料へのこだわり

ヨルダンの貴重な自然資源である死海の塩や泥をはじめ、乾燥した大地でたくましく育ったフレッシュで食べることのできるザクロやオリーブなどの果実やハーブを採用しています。ヨルダンで手に入らない原料は、世界中からサンプルを取り寄せ、それぞれの商品にもっとも適した原料を納得できるまで探し続けます。たとえばエッセンシャルオイルのライブラリーには同じ香りでも10の異なる精油が並び、アイテムごとにふさわしい香りを厳選しています。

3

Jordan’s riches

ヨルダンが世界に誇る自然の恵み

3

Jordan’s riches

ヨルダンが世界に誇る自然の恵み

ヨルダンは北部を「グリーン=緑の木々」、南部を「ブラウン=砂漠」と評されるほど、国土の中で大きく気候が異なり、目にする景色や育つ植物の種類が変化します。アンマンから北上すると、山の斜面一帯がオリーブ農園で、町の人口の10倍ものオリーブの木々に囲まれるアジュルンという町が現れ、樹齢100年を超えるオリーブの木もあります。首都アンマンの街中でも当たり前のように庭にオリーブが植えられ、収穫期には大きな実をつける姿も珍しい光景ではなく、オリーブとヨルダンは切り離せない関係です。アンマンから南下していくと、海抜マイナス420m地点に位置する死海にたどり着きます。死海はヨルダンが世界に誇る地球の神秘であり、幻想的な風景でもあります。そして、はるか昔から中東一帯で実るザクロもヨルダンではポピュラーで、収穫期になるとトラックに山積みにされた光景に出会う機会も増えてきます。

4

Natural

一期一会

4

Natural

一期一会

旅先での出会い、見た目も形も不揃いなヘチマたち、天候に左右される果実の実り。 本当の意味でのナチュラル、自然体。たとえるなら道端に咲くタンポポ。そこに誰かが種を蒔くこともなく、水をあげることもなく、凜とした姿で佇むタンポポこそが本当の意味でのナチュラル。オーガニックもいいけどナチュラルはもっといい。人の手を加えない自然の恵みを真の意味でのナチュラルだと信じ、大切にしています。死海のミネラルや植物のチカラを基本としつつも、100%ナチュラルということでもありません。「心も体も心地よさを感じる製品をつくる」というゴールのために、プロダクトとしての完成度を追求し、最適だと思えるものに出会えば、ためらわず選択する柔軟性を忘れず、製品づくりに活かします。肌本来が持つしなやかさ、強さ、治癒力をサポートすること。飾る、盛る、隠すのではなく、自らを受け入れ自らのチカラをより引き出すこと。ありのままを受け入るナチュラルを大切にしています。

5

Artisan

職人技と秘伝のレシピ

5

Artisan

職人技と秘伝のレシピ

トリネティの製品を特別なものにしているのは、職人たちの熟練した技術と秘伝のレシピです。限られた職人のみがアクセスできるその特別なレシピは、1935年から続くトリネティの歴史そのものです。それぞれの原料をどのくらい入れ、どのくらいの温度で、どのくらいの時間煮込むか。レシピだけでなく、技術も限られた職人にしか伝承されません。それはまるで料理のようです。手間暇のかかる懐石料理を思い浮かべてみてください。この道30年の和の職人と料理歴半年の人が作る同じ料理。同じ食材、同じ調味料を使って作っても味や食感、見た目や香りはきっと違うでしょう。料理と同じでトリネティの製品も、何度も試行錯誤を繰り返し完成したレシピを、職人たちの視覚や嗅覚、触覚や経験を通じて受け継がれる、簡単に真似のできない特別なものです。

6

Face to Face

五感でのお買い物

6

Face to Face

五感でのお買い物

世界観、コミュニケーション。お店だから感じられるコト、香り、肌触り、そこでの雰囲気。いつでも誰でも何でもネットで完結するこの時代に、対面コミュニケーションを通じた心の触れ合いや、体験を通じた五感でのお買い物を大切にしています。しかしながら世界的なパンデミックにより人々のライフスタイルや価値観に更に大きな変化が訪れていることも事実です。時代の変化に柔軟に対応しながらも、トリネティの価値を皆様と共に育んで行きます。

7

Sustainability

持続可能な製品として

7

Sustainability

持続可能な製品として

① Environment  環境配慮
製品を唯一無二の特別なものにしてくれる固有の自然資源に感謝し、手作りの紙のギフトボックスから再生可能なプラスチックの容器まで、環境にやさしい素材で作られています。ヨルダンの自然の恵みに感謝し、大量生産ではなく製造工程における環境への負荷を最小限に抑え、未来の世代も死海や自然の恵みを享受できるよう生態系へ配慮しています。

② Job Creation 雇用創出、地域社会への貢献
製品の源となる果実やハーブを栽培する農村地域社会の人々への感謝の気持ちから、農村に住むヨルダンの女性グループに石けんの作り方を教え、製品づくりをサポートしています。また、製品の紙パッケージの組み立ては、JICA隊員の協力を得て、障がいを持つ職人が一つ一つ手作業で行っています。TRINITAE製品を使用することで、ヨルダンの人々の雇用創出にもつながっています。

③ Fair & Ethical 公平な取引と社会的倫理観
製品づくりからお客様の手に届くさまざまな過程において、そこに携わる人々に敬意を払い、フェアな取引(貿易)であることを大切にします。原料づくり、製品づくり、流通過程、お客様(消費者)、お取引先、スタッフ、我々ブランド側は皆フェア(公平)であり、上下も左右も白黒もございません。ブランドロゴに込められた三位一体と、経営哲学の三方よしは近しいところがございます。関わるすべての方々との信頼関係や倫理観を大切に、時代の変化の中でも価値を創造し続けていくことを目指します。

ヨルダンで生まれ育った、主な天然資源

死海の天然ミネラル

海抜-420m、地球上で最も低い土地に位置する湖・死海。死海の塩分濃度は一般的な海水の約10倍、肌に潤いを与える塩化マグネシウムは約30倍多く含まれているため、肌の水分バランスを整える特性があります。

ザクロ

ザクロ種子には、女性本来の働きを促して乾燥や*エイジングをケアする植物性エストロゲン様物質が含まれています。また、肌の弾力をサポートするプニカ酸も含まれ、肌に潤いとハリを与えることが期待されています。

*エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのこと

オリーブ

オリーブオイルは、皮脂の成分と似た性質を持つといわれるオレイン酸や、抗酸化力と保湿力に優れたビタミンEを豊富に含んでいます。オレイン酸は酸化しづらく、年齢を重ねた肌への作用が期待されています。

アロエベラ

アロエベラには、ビタミンCが豊富に含まれ、ハリのある肌をつくるといわれています。また、肌(角質層)への浸透力が高く、乾燥した肌に潤いを与えます。過剰な皮脂の分泌を抑える作用も期待されています。

※成分として配合される原料につきましては、一般的に言われる効果・効能であり製品としてこれらを保証するものではございません。

What we would like to tell people is that every single item we produce in Trinitae is something we believe in and something we want to use again. -TRINITAE