乾燥肌の方は洗顔石鹸の保管にも気をつけている?~高級な洗顔石鹸の保管方法とは~

洗顔石鹸はシンプルで使いやすく余計なものが配合されていなため、洗顔後も「肌が乾燥しにくくつっぱらない」と乾燥肌の方にも人気があります。その一方で「洗顔石鹸の裏側が水に濡れてふにゃふにゃ」「最後まで使いにくい…」という声も聞かれます。

そこで、高級な洗顔石鹸を最後まで使い切りたい乾燥肌の方に向けて、洗顔石鹸の保管方法についてまとめてみました。

洗顔石鹸はどこに保管するのが正解?~高級な洗顔石鹸を長持ちさせる工夫~

洗顔石鹸の保管について

乾燥肌の方に注目してほしい洗顔石鹸の正しい保管場所は、水気のない場所です。高級な洗顔石鹸に限らず石鹸類は水に溶かしてから使うため、濡れたままにしていると水に接している面がふやけて白っぽくなります。

しかし、洗顔石鹸は洗面台の上やバスルームなど、水まわりで使うアイテムですので、わざわざ別の場所に保管するのは実用性を下げてしまうことに…。

そのようなときは、水滴やシャワーの水が直接かかりにくい棚の上、もしくはバスルームの窓際に置くようにしましょう。特に窓際は風通しも良く、多少濡れていても洗顔石鹸が乾きやすいのでおすすめです。

なぜ洗顔石鹸を濡れたままにするのはNGなの?

洗顔石鹸の使用後は泡をきちんと水で流し、水はけの良いトレーの上に置きましょう。乾燥肌の方にも人気の洗顔石鹸はシンプルな原料で作られているため、濡れたまま放置したり泡がついたまま保管したり、水気がある状態にしておくと雑菌の温床と化してしまうので注意が必要です。

また、洗顔石鹸を箱型のトレーに保管している方、上のカバーを水受けとして使用している場合は、こまめに水を捨てるようにしてください。水と洗顔石鹸が接していなくても、下に溜まった水に雑菌が繁殖するケースがあります。

つまり、高級な洗顔石鹸を濡れたままにしないという心がけは、単に長持ちさせるだけでなく衛生面でも大切なことなのです。

高級な洗顔石鹸を上手に保管するポイント

水まわりで使用する高級な洗顔石鹸を水気のない場所に保管する…。少し矛盾しているように思えますが、工夫次第では上手に保管できます。例えば、トレーの素材を変更するのも一つの方法です。陶器やプラスチック製のトレーより、発泡ウレタン製のほうが水切れも良く衛生的です。

もし、洗顔石鹸が水で柔らかくなっているようでしたら、冷水で泡を洗い流すと固まりやすくなります。この他にも、洗顔石鹸を泡立て用のネットに入れて輪ゴムで留め、フックにかけて保管するという方法もあります。

洗顔石鹸は乾燥肌の方にも使いやすいTRINITAE製品~乾燥しにくくつっぱらない~

オリーブオイルソープ

乾燥肌の方にも人気の高級な洗顔石鹸。それを長持ちさせる保管方法についてまとめてみました。肌に優しい洗浄力で、乾燥しにくくつっぱらない使用感の洗顔石鹸をお探しでしたら、TRINITAEのオリーブオイルソープをお試しください。

TRINITAEのオリーブオイルソープは、ヨルダン産のバージンオリーブオイルを配合した高保湿タイプの洗顔石鹸です。合成界面活性剤や人工香料を使わず、できるだけ人や環境に優しい成分を厳選して作られています。

乾燥肌の方で洗顔石鹸をお探しならTRINITAE

住所 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-2-40エコランドC
電話番号 092-231-8875
営業時間 12:00-19:00 木曜定休
メールアドレス info-tr@faravi.co.jp
ホームページURL https://tr-japan.com/
店舗名 TRINITAE(トリネティ)運営会社 FaRavi Inc.
PAGE TOP