死海のコスメによって実感する塩の大切さ

石鹸やボディローション、ハンドクリームなど…TRINITAEのコスメを支える天然原料の一つが、死海の塩です。塩によって生み出されるお肌の美しさ、すこやかさは、死海沿岸が保養地として多くの人たちに愛されている理由の一つでもあります。

また、塩について深く、広く辿っていくと、私たちの日常やライフスタイルそのものに影響を与える存在であることが見えてきます。

死海、中東、ウクライナ、パキスタン、チリ、瀬戸内、沖縄…塩は世界中に

塩とは何か?化学式にすると塩化ナトリウム:NaCl、塩化マグネシウム:MgCl2といった記号であらわされる塩は、地球上に様々な形で存在しています。

海塩 海水中に含まれる塩分を取り出して作ります。海に囲まれた日本においては身近なもので、弥生時代には東北~九州と広い範囲で製塩が行われてきた記録が残っています。江戸時代以降に入浜式塩田で塩作りが盛んになった瀬戸内の愛媛県や、沖縄県で作られている「まーす」が有名です。
岩塩 太古は海だった場所に地殻変動が起こり、地面が隆起するなどして塩湖となり、水だけが蒸発して塩の層が地層中に閉じ込められることがあります。岩塩はそのような場所から採掘される塩です。

岩塩鉱床は世界中にあり、ウクライナやパキスタン、チリなどが有名な産地です。実はサハラ砂漠でも岩塩由来の塩の製造が行われています。

湖塩 海だった場所が地殻変動などの理由によって孤立し、塩分濃度が高くなった湖から採れる塩です。死海をはじめとする中東はもちろん、有名なウユニ塩湖の塩も湖塩の一つ。また、アメリカのソルトレイクシティは、街のすぐそばにある塩湖が名前の由来となっています。

生活の中で豊富にある塩の痕跡

塩

TRINITAEがご提案する石鹸やボディローション、バスソルトなどのスキンケアコスメは、死海で採れる上質な塩が欠かせません。また、塩はスキンケアコスメとしての用途だけでなく、想像以上に私たちの生活と寄り添っているものでもあります。

例えば、発酵食品の発酵を助ける役割です。チーズやお酒、ヨーグルトといった食品の旨みを豊富に引き出す微生物の働き。それとは逆に腐敗の原因となる雑菌の働きを抑えるため、古くから塩が使われてきました。

また、食品以外の用途として挙げられるのが、医薬品の材料です。体が急激に水分を失ってしまった際、点滴には生理食塩水が使われます。この生理食塩水を作るために塩は欠かせないものなのです。

その他にも、農林畜産の分野やファッション、工業的な用途でも塩は度々登場します。

塩がコスメとして取り入れられる理由

塩はスキンケアコスメの材料として一般的なものですが、なぜこれほど塩が用いられるのでしょうか?

良くないものが動きにくい環境を作る

塩によって浸透圧が高まると、害のある微生物の活動に必要な水分や酸素が十分に確保できなくなると考えられています。

不要なものを取り除く

ナチュラルな塩は無色透明、光の反射によっては透明度の高い白色の結晶として私たちの目に見える形をとります。この粒子はお肌の上で滑らせると、不要なものをこそぎ落としお肌を清潔な状態に保つスクラブとなります。

ミネラル

清潔な体を保つために不可欠な入浴習慣。特に全国各地の温泉は、私たちの休暇の過ごし方として定番のものです。中には塩化ナトリウム、マグネシウムを含む名湯もあり、ミネラルの力を利用したホリスティックケアとして受け入れられています。

死海由来のミネラルコスメでバスタイムを優雅なひと時に

TRINITAEのバスソルト

美容の観点からも注目を集める塩。特に死海の塩は塩化マグネシウムが豊富に含まれており、様々なコスメに利用されています。

TRINITAEのバスソルトは死海から採れる上質な塩を使用しており、死海の塩の魅力をご自宅で楽しむことができます。

中でも一番のおすすめであり、圧倒的人気を誇る商品が「アロマバスソルト ローズ」です。死海の塩に、エッセンシャルオイルとローズのドライフラワー入り。見た目も香りも華やかで、究極のリラックスから明日への活力をチャージしてくれます。

死海の塩を使用したコスメならTRINITAE

住所 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-2-40エコランドC
電話番号 092-231-8875
営業時間 12:00-19:00 木曜定休
メールアドレス info-tr@faravi.co.jp
ホームページURL https://tr-japan.com/
店舗名 TRINITAE(トリネティ)運営会社 FaRavi Inc.
PAGE TOP