店主ワールド紀行

第3話 ヨルダンが世界に誇る遺跡群とオリーブ農園

#世界の果てのあんなとこ

トリネティの原産国・ヨルダンには、世界中の人々を魅了する幻想的な遺跡が存在します。今回は、ヨルダン南部に位置するペトラ遺跡と北部のオリーブ農園についてのお話です。私がトリネティを日本で始めるきっかけとなったのは、死海とペトラ遺跡でした。ペトラ遺跡には初ヨルダンの2010年に訪れました。

ペトラ遺跡とは

死海から約80キロ南に位置し、1985年ユネスコ世界文化遺産に登録。2007年には、ペルーのマチュ・ピチュや中国の万里の長城などととともに新・世界7不思議に選出。1989年公開の映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』の舞台となった場所としても有名。紀元前1200年の新石器時代には人々が住んでいたとされ、ローマ帝国時代の遺跡が有名である。

圧巻のスケールはさすが世界遺産!

ヨルダン南部の砂漠地帯に佇む圧巻の遺跡群。迫り来る赤茶色の切り立った岩肌を歩いて進むと、なんですかこれは?の彫刻の遺跡が。

岩肌を削って作られた圧巻の光景「エル・ハズネ」(高さ45m、幅30m)。こんな大きな断崖絶壁の岩肌に人間が手彫りしたとは信じがたい光景です。

エル・ハズネに眠る謎

エル・ハズネとはアラビア語で宝物殿を意味するそうです。ここには宝が眠っているのではないかと大々的な発掘調査が2003年に行われたようですが紀元前1世紀頃の人骨や土器などが出てきたようで、墓地なのではないか?など、諸説諸々あり明確に解明されるにはまだ時間を要しそうです。ちなみに、遺跡全体の9割の発掘調査はまだ手付かずのようでロマンが眠る遺跡群です。

喉の渇きを忘れるほどに

巨大すぎる遺跡群のため、細かく見て回るためには3日あっても足りないくらいです。沢山の遺跡を見て回るには、かなりの距離を登っていく必要があり、一般的なパッケージツアー等では入り口付近のハイライトのみしか行かないようです。しかし、その先の遺跡も見たくてしょうがない私は、炎天下を自らの足で(ロバに乗っていくという手もありましたが)、好奇心の赴くままフラフラになりながら突き進んでいくのです。その先に見る景色も、やはり圧巻の連続でそれまでの疲れや喉の渇きや熱中症も感じられません。

道中はこのような岩肌を登って行きます。足を滑らせようものなら見えない崖下まで一直線(冷汗)。

ヨルダンの遺跡はペトラだけではない

ペトラ遺跡から6年後の2016年、今度はヨルダン北部に位置するジェラシュ遺跡へ。すでに日本でトリネティを始めていました。この地にはペトラ遺跡に次ぐ規模のローマ遺跡が存在します。

南北で異なる顔を見せるヨルダン

ヨルダンは北部がグリーン、南部がブラウンと評されるほど南北で風土が違います。育つ植物が違うのでおのずと景色が変わります。

ここは、ヨルダン北部のアジュルンという地域です。オリーブ栽培に適した気候であり、山肌のすべてがオリーブの木という光景も目にします。

人間よりもオリーブの木の数の方が多い

アジュルンの人口は15万人程ですが、125万本ものオリーブの木が生息するヨルダンを代表する一大オリーブ産地です。訪れたのは10月の収穫期でしたので大きなオリーブの実がたくさんなっていました。オリーブは雨が少なく乾燥した大地で育つほど、大きな実をつけ沢山のオイルがとれるようです。

旅は人生の指針かも

新しい土地の魅力は新たな出会いや発見の連続であり、好奇心が尽きることがありませんね。旅は、私の人生とセットであり、生涯続けたいことでもあります。乾燥した大地でたくましく育ち、大きな実をつけるヨルダン産オリーブオイル。口にしても肌につけても美容や健康にはもってこいで、愛してやまないひとりです。

美容と乾燥にはオリーブオイル

日本の乾燥した季節には、高保湿でしっとりのオリーブオイルソープがピッタリですね。

では、次回をお楽しみに。

第2話 死海の神秘が半端ない

#世界の果てのあんなとこ

こんにちは。店主の板井です。多くのトリネティ製品の源でもある死海とは、一体どんなところなのでしょうか?何度も足を運び、浸り、浮かび、泥を塗り、衝撃を受けた地球の神秘。今回は、全身で感じた死海のアレコレをお届けします。

死海の豆知識

アラビア半島北西部に位置し、海抜は地球上で最も低いマイナス420メートル。東はヨルダン、西はイスラエル(パレスチナ)に接した塩湖で面積は940キロ平米(ちなみに、琵琶湖:670キロ平米、福岡市:340キロ平米)。

死海との出会い

この地を初めて訪れたのは、会社員として働いていた2010年。イスラム諸国で巻き起こったアラブの春やシリア内戦が始まる直前でした。日本からアブダビを経由し、レバノンの首都ベイルートへ。そこから陸路でシリアへ。そしてシリアから陸路でヨルダンへ。中東を巡る旅の途中でたどり着いたのがヨルダンでした。日本からの直行便はなく、簡単には行けないこの地を目指したのは、「ヨルダンが世界に誇るユネスコ世界文化遺産のペトラ遺跡を見てみたい」と思ったこともきっかけでした。死海に初めて訪れる前のイメージは、「浮くんでしょ?しょっぱいんでしょ?」といったフワッとしたものでした。そこから約9年。死海で得た感動や経験が今に繋がるとは夢にも思っていませんでした。全身で浴びた感動は価値観を変え、人を変え、そして人生までをも変える。身をもって生きているひとりです。

まるで無重力?地球の神秘に魅せられて

やっと、本題へ。海抜マイナス420メートル。海面から140階ほどのビルがすっぽり入った底にあるとイメージしてみてください。理解に苦しむ不思議な感覚です。首都アンマンから50キロほどの場所にある死海へは、公共交通機関などはなく、タクシーなど車を手配しないと行けません。街中の渋滞次第でもありますが、1時間もあればリゾートエリアに到着します。荒野の山肌をどんどん下って死海へ向かいます。空気が濃く、紫外線は少なくとも、照りつける太陽は眩しい。死海で起きた感動はここは宇宙なのか?と思うほど。

行ったことも体験したこともないですが無重力になったかのように体がふんわりどころかしっかり浮く。海水の塩分濃度3%に対して、その10倍の30%の塩分濃度を誇る死海。どんなに泳げなくても絶対に浮きますので、わざと溺れようとしても難しいです。

対岸に見えるのは、イスラエル(パレスチナ)。

15分以上浸かっていると、肌がヒリヒリしてきますので、真水シャワーで流して、水辺でボーッとするを繰り返す。目元や鼻などの粘膜につくと激痛で激痛で。。。実際に何度かなっていますが、、、気をつけましょう。死海は琵琶湖の1.4倍ほどと大きく、湖底の状況も場所により様々です。塩が結晶化した真っ白な場所、泥や小石混じりの砂地の場所まで様々です。湖底が真っ白い塩だと、エメラルドグリーン、コバルトブルーといったような絶景に出会えます。

結晶化した湖畔の砂地

ただの泥ではない。ミネラル豊富な死海の泥のチカラ

泥を塗って、全身パック。リゾートホテル前のプライベートビーチでは浜辺に用意してくれています。死海のミネラル成分の特徴として塩化マグネシウムが挙げられます。豆腐を凝固させるのに用いられるニガリは塩化マグネシウムです。ミネラルの中でも特に保湿力に優れた塩化マグネシウムが海水の30倍ほど含まれていて、皮脂汚れや毛穴詰まりをしっかり落としてくれるのに、つっぱったり乾燥したりせず、潤った透明感のある肌へ導いてくれます。

リゾートホテル前のビーチでは、死海の泥が壺に用意され、思い思いに体に塗ることができる。

西欧中心に皮膚系疾患の民間療法としても死海は利用されており、保険適応国も存在するようです。ニキビやアトピー、乾癬治療などが最も有名ですね。何度行っても、不思議なところ、死海、DEAD SEA(デッドシー)。海底隆起から数百万年とも数千万年とも言われる歳月をかけてつくりあげられた不思議な場所。地球の神秘という言葉は死海のためにできたのでは?と思わせてもらえるようなところです。

なかなか簡単に行くことはできないかもしれませんが、トリネティ製品とともに少しでも感じてもらえると嬉しいです。死海沿岸に立ち並ぶリゾートホテルエリアでは、トリネティのアメニティが使用されたホテルが数か所あります。併設のスパでトリネティプロダクトを使用した施術も受けられます。

毛穴の黒ずみが気になるときには死海の泥配合のフェイスマスクが最適です。また、日々の洗顔では死海の泥を練りこんだラグジュアリーソープがおすすめです。では、また次回をお楽しみに。店主

死海の泥とアロエエキスを配合した「フェイスマスク アロエベラ」
死海の泥を配合した洗顔石けん「ラグジュアリーソープ 死海の泥&ホホバ」

※画像は店主が現地にて撮影してきたものです。無断転載及び転用は固くお断りいたします。

第1話 ヨルダンの気候と保湿の必要性

#世界の果てのあんなとこ

こんにちは。店主の板井です。今後、ヨルダンにまつわるコトを中心に、これまでに訪れた66カ国のアレコレなど、思いのまま綴っていけたらと思っています。

ヨルダンの場所とは

首都はアンマン(Amman)。面積は92,300キロ平米(北海道と鹿児島を足した程)。人口は約970万人。アンマンの緯度は北緯31度。実は鹿児島市と同じなのです。日本とヨルダンは同緯度にある国でしてなんだか親近感わきますよね。

夏は最高気温45℃、冬は雪が降るほど寒い

ヨルダンにも日本と同じように四季があります。夏は40度を超える日もあり、冬は雪が降るほど寒いです。イメージと違ったという方が多いのではないでしょうか?真夏の砂漠地帯などは45度を超えることもあり、歩いてると頭クラクラ干からびそうになります。危険です笑。

ザクロを道路沿いで売るトラック

意外⁈農業が盛んな土地

四季があるので、様々な植物や果物にも出会えます。トリネティの製品にも多く使われているオリーブやザクロは9月から10月くらいが収穫期になります。その季節になると、季節の果物や野菜がトラックに並び、日本の田舎道などで見かける、のどかな光景に出会います。ザクロの道端販売なんて日本ではまず見かけることのない光景ですかね。寒暖の差が大きく(20℃程度も)果物や野菜も甘みを増し、たくましい実をつける果物などがたくさんです。

ヨルダンのワディラムにて撮影

乾燥した気候が保湿アイテムを育む

気候区分ではステップ気候から砂漠気候です。わかりやすく言うと雨が降らず一年中とっても乾燥した気候、大地なんですね。日本の夏場は湿度高くジトジトしますが、ヨルダンの夏は気温高くともカラッとしていますので日陰に行くと涼しささえ感じられる時があります。冬を中心に秋から春の乾燥は尋常ではなく、何もケアをしないと手足の皮膚がひび割れを起こすくらいバリバリになります。驚きですよね。こんな乾燥したヨルダンでは保湿アイテムが必須です。トリネティの代名詞である高保湿石けんをはじめとする保湿アイテムが肌に潤いを与えてくれるのは、一年中乾燥した大地、気候と関係していたのです。

TRINITAEには、この乾燥したヨルダンの地で育まれた保湿力の高いアイテムがそろっています。

ヨルダン産エキストラバージンオリーブオイル配合の高保湿洗顔石けん「オリーブオイルソープ」
ザクロ種子油、ローズヒップ油、月見草油など植物オイル14種類のみでつくられた美容オイル

第一回はヨルダンの気候についてでした。次回もお楽しみに。

ワディラムの砂漠に書いたTRINITAE

※画像は店主が現地にて撮影してきたものです。無断転載及び転用は固くお断りいたします。

PAGE TOP